品川区社会教育関係団体
品川区高齢者福祉団体『品川たんけん隊』のサイトです。

大井町 昭和から今

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

▲印刷  ▲文字サイズ
2017-01-19

東海道ぶらり旅 1

品川浦の船だまり→法禅寺→品川神社→東海寺→荏原神社→長徳寺

かつてこのあたりの旧東海道は海に面していたが、その名残りをとどめているのが、品川浦の船だまりだ。かつて目黒川の河口だったこの場所には屋形船や釣り船が係留され、付近に残る懐かしい趣の民家とともに、昔の漁師町の面影を残している。
(情報は京急PR誌なぎさより転載)

品川浦 船だまり品川浦の船だまり鯨塚そば 船だまり鯨塚そば 船だまり

鯨塚鯨塚前面
この鯨碑は、寛政十年(1798)5月1日、前日からの暴風雨で品川沖に迷い込んだところを品川浦の漁師達によって捕らえられた鯨の供養碑である。鯨の体長は九間一尺(約16.5メートル)高さ六尺八寸(約2メートル)の大鯨で、江戸中の評判となった。ついには11代将軍家斉(いえなり)が浜御殿(現、浜離宮恩賜庭園)で上覧するという騒ぎになった。
全国に多くの鯨の墓(塚・塔・碑など)が散在するが、東京に現存する唯一の鯨碑(鯨塚)である。また、本碑にかかわる調査から品川浦のように捕鯨を行っていない地域での鯨捕獲の法を定めていることや、鯨に対する江戸庶民の喧騒ぶりを窺い知ることができる貴重な歴史資料である。
平成19年3月1日
品川区教育委員会

品川神社の鳥居品川神社 鳥居品川神社品川神社 正面
品川神社(しながわじんじゃ)は、東京都品川区北品川にある神社である。東京十社のひとつ。
同じ地区内にある荏原神社(えばらじんじゃ)を「南の天王社」と呼ぶのに対し、品川神社は北の天王社と称される。
文治3年(1187年)源頼朝が安房国の洲崎神社から天比理乃咩命を勧請して祀ったのに始まると伝えられる。明治元年(1868年)勅祭社に准ぜられたが、同5年(1872年)改めて郷社に列した。

品川富士登山入口品川富士登山入口登山道入口登山道入口
北の天王社が品川神社、南の天王社が荏原神社になります。今、荏原神社は目黒川の北にありますが、昔は目黒川が北側を巻いて流れていたそうです。
 品川神社入り口の石段を国道から見上げる。左手が品川富士これに登ると富士山に登ったことになるという品川富士。登山口からすぐに一合目の標がある。
富士登山の下山口には、カエルの像がある。富士・蛙(ぶじかえる)も忘れずに。

富士・蛙(ぶじかえる)の像富士・蛙(ぶじかえる)お稲荷さんの赤い鳥居お稲荷さんの赤い鳥居
品川神社のお稲荷さん(上社:天の恵の神様、下社:地の恵みの神様)が祀られています。
下社には『一粒万倍の泉』と呼ばれる霊水もあり、お金や印鑑にかけると良いと言われています。

長徳寺 閻魔堂長徳寺 閻魔堂
長徳寺
室町時代中期の寛正4年(1463)の創建と伝えられる。もとは現在の品川小学校校庭付近にあったが、寛永14年(1637)東海寺の建立にあたってその用地となったため、末寺常光寺のあった現在地に移った。
閻魔堂
本堂左の小ぶりのお堂。像高88cmの木像閻魔像坐像が祀られている。もと時宗の東光寺にあったものを移転したもので、江戸時代に入ると「南品川のおえんまさま」として信仰を集めた。陰暦の正月と7月16日は、地獄の釜の蓋が開く日といわれ、閻魔王に参詣する人で賑わった。

● ◇ ● ◇ ● 記事の中の写真をクリックすると拡大表示されます ● ◇ ● ◇ ●