品川区高齢者福祉団体
品川たんけん隊のサイトです。

大井町 昭和から今

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

▲印刷  ▲文字サイズ
2017-05-10

山中小学校のレッツトライに協力

日時:平成27年6月13日 9:00〜12:00
場所:山中小学校内

大井町の写真の掲載に協力しました。

0150613s.jpg今昔写真展設営中

▲クリックすると拡大します。

************************************************

大井町 今昔写真展に協力

平成26年8月23日/24日 12:00〜21:00

大井どんたく夏祭りのイベント「大井町 今昔写真展」に協力させていただきました。両日、天候にも恵まれて盛況なイベントとなりました。
ご覧いただきました皆様、ありがとうございました。

どんたく1.JPG今昔写真展設営中

▲クリックすると拡大します。

************************************************

イギリスからのメール

昔話のコーナーから

第15回の集いのお話の中に、品川硝子製造所が登場します。この品川硝子製造所のことについて、ホームページの感想欄から2013年8月にメールが届きました。
 製造所に技師として派遣されたジェームス・スピートさんのお孫さんのサリーさんに依頼され、ベバリー在住の前之園さんという方が間にたって、メールをくださいました。

▼サリーさんの質問とその回答

  1. 品川硝子製造所東海寺の境内に建てられたそうですが、それは東海道線と山手線と山手通りが交わる三角地帯でしたか?                    ▷品川硝子(工部省品川工作分局)は、現在の東海道線と山手線と山手通りの一部にあたります。
  2. どうして東海寺は壊されることになったのでしょうか?あるいは現在の位置に移動したのでしょうか?                            ▷明治維新になり徳川幕府や諸大名の庇護も受けられなくなり堂宇は壊された。敷地に品川硝子製造所ができるなど、かつての壮大さはなくなった。
  3. それは何年のことでしたでしょうか?                    ▷明治6年頃と思われる。(公文書・東海文書にも書かれていない)
  4. 現在の東海寺が移動されたものでないとすると、それはもとからそこのあった建物でしょうか?                               ▷現在の東海寺は、塔頭(たっちゅう)の子院(しいん)玄性院(げんしょういん)が引き継いだ。
  5. 三角地帯には現在、三共製薬の建物があるようですが、品川硝子製造所が壊された後、すぐに三共の所有地となったのでしょうか?               ▷官営の品川硝子製造所は明治18年(1885)に民間に払い下げられ品川硝子会社といった。明治26年(1893)その会社も解散した。その後、売り工場になっていたが明治41年に三共合資会社(現在の第一三共)が買収し医薬品製造の品川工場になった。
  6. 品川硝子製造所の建物が建つ前は、その場所に東海寺があったことになりますか?または、東海寺が壊され、または移動してから品川硝子製造所の建物が建つまでの間、なにか他の建物があったのでしょうか?                 ▷品川硝子製造所の前身は、明治6年に設立されたガラス製造会社の興業社です。事業は失敗に終わり明治9年に工部省により工場全部を買い上げられることになる。それ以前は、17もの塔頭のある東海寺の広大な敷地でした。

サリーさんからの質問を渡辺瑞枝さん(品川観光協会)にお伝えしたところ快く調べてくださいました。
また、ジェームス・スピートさんの送別会の写真など資料は、O美術館の副館長の坂本さん、品川歴史館の中野さんのご協力により、サリーさんのお手元に届けることができました。誠にありがとうございました。
現在、サリーさんはおじいさまの伝記の執筆中だそうです。

イメージ.jpgベバリーのポストカード

イメージ 2.jpgイメージ 3.jpgイメージ 1.jpg

クリックすると拡大します。

************************************************

浜川小学校で社会科の特別授業を行いました

平成25年4月25日(木)午前9時45分から

浜川小学校の公開日に『自分たちの住んでる町を知ることで、町を好きになる、町を愛する心を育む』をテーマに浜川地区の昔と現在の写真をスライドで比較しながら、かつての商店街や海苔干場、立会川と桜橋、天祖諏訪神社、泪橋、浜川砲台、埋め立て地、京浜の工場などについてお話させていただきました。
新5年生の生徒さん達、たいへん熱心に聞いてくれました。

SANY0003.JPG
SANY0005.JPGSANY0004.JPG

▲クリックすると拡大します。

************************************************

浜川小学校で社会科の特別授業を行いました

平成25年1月19日(土)午前9時45分から

浜川小学校の公開日に『自分たちの住んでる町を知ることで、町を好きになる、町を愛する心を育む』をテーマに浜川地区の昔と現在の写真をスライドで比較しながら、かつての商店街や海苔干場、立会川と桜橋、天祖諏訪神社、泪橋、浜川砲台、埋め立て地、京浜の工場などについてお話させていただきました。
5年生の生徒さん達、たいへん熱心に聞いてくれました。「自分の家の近くが海だったことに驚いた」「立会川の歴史を知ることが出来て良かった」「昔は全然違った景色だったのでびっくりした」など町の歴史に興味を持っていただけたようで、たいへん良かったと感じました。
当日の様子は、ケーブルテレビ品川のしながわeyeでも紹介されました。

SANY0004.JPG
hamakawa.PNGhamakawa2.PNGhamakawa3.PNG

▲クリックすると拡大します。

*******************************************

品川ケーブルテレビで放映されました

平成23年12月5日放送分

ケーブルTV品川の突撃リサーチャーズの番組で、品川たんけん隊の活動が紹介されました。
●品川たんけん隊の今後の活動は?
 ・年に4回品川たんけん隊の集い(昔話)を開催
 ・春と秋に町あるきを開催予定
●品川たんけん隊とは?
 ・地元のご年配の方などに思い出話を語ってもらい、生きた記録を集めています。
 ・昭和の時代を撮影した写真を集めています。
●品川たんけん隊のホームページ「大井町 昭和から今」が紹介されました。

当日は、あいにくの雨でしたが、丁寧な取材をしていただき撮影も無事に完了いたしました。
ケーブルテレビ品川のクルーの皆様、ありがとうございました。

image-4.jpeg
image-2.jpegimage-3.jpegimage-5.jpeg
image-6.jpegimage.jpegimage-1.jpeg

▲クリックすると拡大します。

********************************************

平成23年 秋の交通功労者等表彰式

感謝状を授与されました

平成23年11月24日(木)午前11時〜12時
南大井文化センターにおいて、交通功労者等表彰式が行われました。
品川たんけん隊の交通安全教室の協力や参加などの活動により、大井警察署長様、大井交通安全協会会長様連名の感謝状を授与されました。

品川区立大井第一小学校での交通安全教室

平成23年11月10月20日(木)午後1時
大井第一小学校で、5年生の児童の皆さんに大井町の道路の歴史にちなんだ昭和の写真と現在の写真をスライドで比較しながら説明をさせていただきました。おじいちゃん、おばあちゃんの時代からずっと交通に使われていた道の歴史を知る事で、地域に愛着を持ってもらい、思いやりの心を育み、「5年後の優良ドライバーを育てる」のメッセージをこめて、行われた交通安全授業に品川たんけん隊も参加しました。

*この交通安全教室は、ケーブルテレビ品川の11月のしながわEYEという番組の中で紹介されました。

DSCN0312.JPG
SANY0002_2.JPGSANY0005.JPGSANY0006.JPG
SANY0003.JPGSANY0004.JPGSANY0007.JPG

▲クリックすると拡大します。

*******************************************

品川区立大井第一小学校のホームカミングディに参加

品川区立大井第一小学校 1階 多目的室
・2010.10.17(日)午前11時〜午後3時

品川たんけん隊のホームページ『大井町 昭和から今』と活動の紹介を展示パネルやDVDなどで行いました。

品川区立大井第一小学校のホームカミングディーのイベントに参加してきました。
たくさんの方が参加なさいました。
品川たんけん隊もブース展示しました。
小学校の公開日が前日、前々日に開催されており、絶好のタイミングで参加させていただきました。
正門では、ハワイアン演奏で皆様をお迎えするサプライズもあり、楽しい一日になりました。

当日の様子は、右の写真でご覧ください。在校生の皆さんから卒業生の方までいろんな方にご覧いただき、ありがとうございました。

LinkIcon品川区立大井第一小学校ホームページへ

101017hcd (11).jpg品川たんけん隊の展示コーナー
101017hcd (14).jpg101017hcd (19).jpg101017hcd (8).jpg
101017hcd (9).jpg101017hcd (22).jpg101017hcd (18).jpg

クリックすると拡大します。

************************************************

品川をよく知る会のイベントに参加しました

東海七福神巡り+(プラス)
・2010.01.16(土)10:00

品川をよく知る会のイベントに参加してきました。
京浜急行の新馬場駅に集合して、快晴の中、七福神巡りがスタート。
途中のおもしろポイントも網羅して、盛りだくさんの内容になりました。

●品川神社→養願寺→一心寺→荏原神社→品川寺→天祖諏訪神社→磐井神社

◎ホームラン地蔵
海徳寺(品川区南品川1-2-10)の本堂の左脇に右手にバット左手にボールを持った小さなお地蔵様が鎮座しております。
「ホームラン地蔵」は正式名を「和夫地蔵」という。昭和34年2月、品川区西大井に住む岩崎和夫君(10才)が心臓病の為に国立第二病院に入院しました。同年3月、巨人対東映のオープン戦が駒沢球場で行われた後、当時、新人の王貞治選手が所用で国立第二病院に立ち寄りました。王選手を見た和夫君のお母さんが和夫君の為にサインだけでもと思い声を掛けたところ、事情を聞いた王選手が病室まで見舞いに来てくれました。それ以後、王選手は駒沢球場で試合があるたびに病院を訪れ、和夫君を励ましてくれたとの事です。しかし、病状は改善せず、3年後の昭和37年1月27日に和夫君は13才4ヶ月の短い生涯を閉じました。そして、その年の昭和37年に王選手はホームラン王になりました。その後も王選手がホームラン記録を更新するたびにバットとボールを持った「和夫地蔵」に参詣しに来たそうです。そして、いつしか「和夫地蔵」は「ホームラン地蔵」と呼ばれるようになりました。
(海徳寺・寺報より)

◎真了寺◎山内容堂の墓◎八幡神社◎坂本龍馬の像

あまり知られていないおもしろスポットが、品川区には、まだまだありそうです。
やっぱり奥が深いです、品川区!

SANY0007.JPG東海七福神巡り
荏原神社の画像ホームラン地蔵真了寺
山内容堂の墓八幡神社坂本龍馬の像

クリックすると拡大します。

************************************************

しながわ地域活動チャレンジ講座に参加第2回

『そこが聞きたい。はじめの一歩』参加第2回は、
小山シルバーセンターで集会
・2009.12.12(土)14:00〜16:00

斎藤町会長にお話をうかがいました

西小山は駅前の開発を今年完成させ、パレードなどイベントも行われました。駅前広場ができ、印象が明るくなったそうです。また、お祭りなど地元町会のイベントは、他から人を呼ばず、必要な機材も少しづつ町会で用意し、自主運営を行っているということでした。最初はいろんな方に声をおかけして行くうちに、参加・協力してくださる方が増え、現在に至っているとのことでした。
西小山町会のいろんなお話をうかがった後で、12日にタウンウォッチングをして疑問に思ったことを、それぞれ町会長にお聞きすることになりました。●後地小学校の名前の由来は・・・目黒不動尊の後ろ側だったからとの説が一番有力だが、はっきりしたことはわかっていないとのことでした。●京極家の抱え屋敷跡について・・・かなりの広さだったので、このあたりの神社なども元はお屋敷の中にあったそうで、ほとんどが京極家のものだったらしいそうです。●品川用水・・・品川用水の分岐を水車が行っていたことから公園には、水車のモニュメントがおかれているそうです。

近くの場所ですが、こういう機会がないとなかなか、訪れることもなく近いだけに知ったような気になってしまっていることに気づきました。いろんなことを知って、その場所を歩くとその町が違う角度から見られるようです。

SANY0009.JPG斎藤町会長さんのお話
駅前デイホームの外観画像カフェレストラントマトの画像西小山駅の画像

クリックすると拡大します。

************************************************

しながわ地域活動チャレンジ講座へ初参加

『ソコが聞きたい。はじめの一歩』第1回は、タウンウォッチング
・2009.11.28(土)

あなたも私も、すむ町もけっこう解決したいことがいっぱい。地域で何かしたいけど、何をどこから始めたらいいのかわからないこともいっぱい。先ずは、タウンウォッチングから初めて考えあってみます。
そこから、自身にあった地域での貢献の仕方をさぐったりチエを出し合ったりします。

小山二丁目東部町会エリアをウォッチング

参加者17名を4グループにわけてウォッチングを開始。まず、メインの商店街などから始めて、通学路や脇道にも入り、掲示板の位置や消火器の設置場所なども確認しながらウォッチングしてみました。
全体の印象は、道幅が狭いということでした。消防車などの入れない道幅も多く見受けられました。
また、道幅の広い道に車の交通量が集中する為、後地小学校では、通学用に陸橋を使用するという方法をとっていました。災害時の避難路の確保や、いろんな問題点を感じました。
また、こうした活動の交流を通じて、いろいろ感じることも多く、刺激を受けました。
活動の視野を広げる意味でも、有意義な時間になりました。

途中、LinkIcon朝日地蔵や孟宗筍栽培記念碑や朝日公園(旧・讃岐丸亀藩京極家抱え屋敷跡)や長鷹寺などがありました。一度、ゆっくりその歴史にふれてみたいと思いました。

SANY0005.JPG準備した携帯品
IMGP3436.JPGIMGP3437.JPGIMGP3438.JPG
IMGP3439.JPGIMGP3441.JPGIMGP3445.JPG

クリックすると拡大します。